anime gotaku//
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


しどにーおちんさんの、ちゅーごくのお話、その1の1(外国人参政権の話し/今読むと橋下の外国人特区の話しにも聞こえます)

なんとなく危ないなぁ、と思い始めてしまったので、やはり今日から少し、ちゅーごくの話を書いてみようと思います。
今、日本の民主党が懸命に擦り寄ってる国、中国のお話です。
長いので、何回かに分けますが暇なときに気が向いたら、読んでみて下さい。
今のうちに中国がどんな国なのかを知っておくと、万が一役に。


鳩山ゆきお『日本のみなさん、ニーハオ。喜んで下さい。この度、友愛精神をもつ我が日本がリーダーとなり、東アジアの国々をまとめることになります。ヨーロッパ共同体、EUに優るとも劣らぬ、イーストアジアユニオン、
EAUが誕生するのです。』

民衆『えっ? EAUができると、日本はどうなってまうのですか?これまで通り、ワタスら日本の民衆は暮らしていけるのですか?アメリカと戦争になったり、ヨーロッパと敵対したり、アジアの国に植民地化されたりしないですか?』

ゆきお『もちろんですよ、みなさん。日本はアジアの国々と、まるで家族のように付き合うことになるんだからアメリカなりヨーロッパなりに、何かされても、アジアの強い国に守ってもらえるのです。』

民衆『アジアの強い国って、そのものズバリ、中国ですか?』

ゆきお『うっ・・。それもあります。が、その他にも南だり、北だり・・あ、それよりも、東アジア共同体に入ると、楽しい事がいっぱいありますよ!』

民衆『それはなんですか。』

ゆきお『日本に、アジア人がえっぱい入って来て、観光もしてくれんだけど、選挙もしてくれるんです。つまり、中国人の知事だり、そのうち総理も中国人になったりするでしょう。』

民衆『それが楽しいことですか。』

ゆきお『えっ、みなさんは楽しくありませんか? 中国人の総理ですよ。ワタシなんかよりもずっと賢いんですよ。』

民衆『えっ、あんたよりも賢いですか・・。じゃぁ、これはええこと、なんじゃ、なか..ろう、か・・。』

ゆきお『ええに決まってますよ。これまでのワタシのルーピーぶりを思い出して下さい。では、みなさん、サイチェン。』と、いう事態になりそれを見ておる中国が、
中国『中国の貧しい農村部のみなさん、ニーハオ。喜んで下さい。この度、隣国日本のゆきおが、日本と日本人を快く差し出してくれました。

日本がリーダー、「ゆきおといちろー」が大将ってもちあげたら、ちょろいもんでした。
シェーシェーってこってす。これからは、みなさん、ワタスら共産党の公務員や、都市部に暮らす国民のように搾取して豊かに暮らしたかったら、日本に行きましょう。

中国の格差社会に腹を立てて徒党を組むより、集団移住しましょう。
日本じゃ参政権も子ども手当てもくれるし、戸籍だってそのうちくれます。
農民戸籍を離脱するチャンスだから。堂々と日本戸籍を取得して下さい。
日本で頑張れば、みなさんもワタシらのように大金持ちになれます。
搾取側になれんです。

ええですか、みなさん。みなさんがこれまで必死になって身につけた技術を大いに日本で披露して、日本経済を活気づかせて下さい。

化学薬品で殻まで作った偽タマゴ、あれは正真正銘の芸術品です。
それに、苛性ソーダしみこませてきれいに焦げ目をつけたパン、あれもすごい。工業用漂白剤を使ってびっくらするほど真っ白にしあげた春雨も美しい。

そうそう、みなさんのスペシャル特技、「人の数で勝負だ環境汚染技術」なんかも、すっかり低迷している日本の科学分野を大いに活気づかせることでしょう。

そのうち、日本のテレビでは、ジャニーズしかでてないわけわからん変な
ドラマなんかを駆逐して、本物はどれでしょう、泳げる川はどこでしょう、
飲める水がある県は?なぁんてクイズ番組が沢山作られるようになることでしょう。
これぞ、我らが勝利、農民のみなさんの人権ゲットです。
   
ただし、みなさん、これだけはお約束。
みなさんはバラバラに住んだらダメ。でけるだけ、固まって住んで下さい。
最初は日本の村を占拠、島でも良いでしょう。
いつものやり方でじゃんじゃん農業して、日本の食をまず押さえ込んで村長出して、次は町で小売の商業押さえて、町長出して下さい。

その次は市を押さえて市長。次は県、という具合に、数で勝負。
繁殖力で押さえ込むんです。
日本は子どもが少なくって、すぐに老人しかおらんようになんですから、ちょろいです。
どんどん繁殖してもだいじょぶ。子ども手当てでんだから。
そのための子ども手当てだったんだから。

さぁ、みなさん、韓国に負けず、フィリピンやインドネイジアにも負けず、
もちろん北にも、台湾にも負けず、中国人の人口増やしたってくれ。
中国人の繁殖力の底力、見せたってくれっ! では、サイィチェンッ!!! 




人気ブログランキングへ

中国のはなし | trackback(0) | comment(0) |


ちゅーごくのお話、その0、まえおき

「シドニーおちんの、これが今のせいいっぱい」という オーストラリアのシドニー在住のかたのHPがあって。
政治の話しとても洞察深いのですけど、政治の話し以外や、オーストラリアの作成ソフトのせいか、
日本ではブラウザの表示が乱れまくりで、仲間内の言葉で一般の人は分かりづらく。
私は何をさしているかすぐ分るんですが。
本人の文章まんまの方が人柄が良くてよいのですが、たんに情報として私まとめた文を載せます。
本当は本家読んで欲しいけど・・・。
シドニーおちんの、これが今の精いっぱい


尖閣諸島漁船衝突事故の時に、世界から見た日本はこんな感じで、今後、
こんな風になってくんじゃないかって、知り合いの瞑想で深く行ける人の話しを聞いた話し。
今読むとより考え深い。※ウンコとは知っている人は知っている上の上の黒幕です。。
知り合いの瞑想で深く行ける人の話しを聞いた話し。
今読むと考え深いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まず今回の事件は、実は大事件。これを甘く見たらいかん。
普天間問題のこじれでアメリカ離れをしだしてた日本が、再びアメリカに近づかなければならなくなった、
という指向を反中国感情をツールに、堂々と日本人に示し、世論を誘導することに成功したのではないか、
といいます。
「日本はまるで網に追いこまれるロブスターね」と、日本の消滅を勝手に哀れんでました。
日本列島って、バフォンバフォンして逃げるロブスターに見えるんだそーです。
で、その網に追いこまれる、の意味はこう。

     
安保以来、というより、実は開国以来、ずっとアメリカにお金を吸い上げられ続けてた日本は、
この度、ようやく、アメリカからの独立心にめざめ、アメリカ離れをするための最初の一手として、中国にすり寄った。
だから、中国にいい顔みせて丸め込み、日本は中国を従えて東アジア共同体のリーダーになり、
アジアを味方につけてアメリカに対抗することにした。

しかし、中国はとっくの昔にアメリカと強い絆をもっておった。
だって中国を動かしてるのもアメリカ動かしてるのも同じウンコ。つまり、中米はグル。今、最も絆の強い仲間。

日本のお山の大将ぶりを存分に見せつけてくれた昨年の小沢訪中団に、中国はアメリカと共に失笑した。
若いお姉ぇちゃん議員が、ちょこちょこ動いてぴょこぴょこ頭下げて子胡錦濤と握手してたロイターの配信映像には、
たっぷり笑わせてもらったというウンコ組の連中が、世界中にごまんとおったこと、日本人は知らんでしょ。

あの訪中団のリーダー小沢は、実は大の親米派。
だが、それを隠して親中派を装い、ワタスがアジア統一を実現しますから、とアメリカに宣言した。
内心では、中米を手玉にとって速やかな日本独立を計画したというが、
実は小沢の真の狙いは、単に自分の名を歴史に残すことで、実に器の小さいおじさん。

そんなことをとっくに見抜いておった中米は、その小さいおじさんになんか、なんにも期待してなかったけんど、
小さいおじさんの血筋を使って日本を混乱させることには成功した。

さて今回、たっぷり混乱した日本に、中米の固い絆のウンコ組は予定通り最初の打撃。中国に尖閣を取りに行かせた。
※尖閣諸島漁船衝突事故
尖閣諸島は日本のものではない。あれは琉球国のもの。
だが、その琉球国が今は日本のものなので尖閣も日本のもの、と、世界は認識してる。

しかし、混乱した日本は、自ら尖閣を手放すことになる。船長の無罪解放がその証。
船長解放の第一報が入った時、世界を動かしていると思い込んでるウンコ連中が集まるシドニーの某所では、
恐ろしいことに、大きな歓声と拍手が巻き起こった。今後は、ロシアと日本の間、北方領土でも、
同じことが起きて、連中は歓声を上げ、拍手する。次は、中国が九州を、ロシアが北海道を取りに行く。

その時を同じくして、北朝鮮は新潟を手始めに北陸四県を取りに行く。反撃があれば、皇居にミサイルを落とす予定。
こうして日本は消えていく。それが、世界を動かしてるウンコ連中のシナリオ。

こうなる前に、アメリカは日本をもう相手にしなくなっている。アメリカは他のアジアを守るとう基本的スタンスで、
それらのアジアを金蔓にすることと、日中絡みでアジアに戦争をさせることで生き延びる。

で、たっぷり潰せるものを潰して、儲けるだけ儲けたら、米中は戦いの終結をして平和宣言をして、
ボロボロになったアジア、オセアニアの国々と、南北アメリカ大陸の国々を拾い集めて統一して、ヨーロッパの本家と合流。

               
以上が、将来起きうるだろう日本が絡んだ未来のお話でした。


人気ブログランキングへ

中国のはなし | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP |

プロフィール

やぎぬまサン

Author:やぎぬまサン
あの伝説の怒れる
ヤギヌマさんが
帰って来た!
オマエら首を洗って待っとけ。
ワンワン!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。