anime gotaku//
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


しどにーおちんさんの、ちゅーごくのお話、天安門

m31404.jpg

今日は、6月4日。


1989年6月4日に中国で起きた天安門事件から、21年目の記念日です。

毎年、この日には中国で、民主化、とりわけ言論封鎖に異議を唱える人たちが姿を見せ、天安門事件の真相を広く伝えようとするのです。

んっが、もちのろんで、彼らはことごとく、中国共産党に、厳しく取り締まられてまう、そういう哀しい日でもあります。



しかし、最近の中国は、何かが、違ってきてるかもしれません。

先日来日した温家宝さんは、はからずも天安門の引き金になってまった胡耀邦さんの愛弟子ですた。
で、この温家宝さんは、胡錦濤べったりと思われていた時期もあったのですが、
最近、江沢民をやりこめるために、自分の意志で上海万博出席拒否をしたり、
国の金で公務員が上海万博のチケットを買うことをいさめたりしますた。
お蔭で万博の入場者数が激減したとも言われてます。



また、北京大学?だったかで、講演をしたときに、前の席の学生たちが温首相をもちあげたら、
あんたらは、ワタスを持ち上げるよう大学に命令されたんだね?
共産党に反感持つ学生は、この講演には入れてもらえんのだろ、と言ったそうです。


これら全てを鵜呑みにして、温首相に期待することはできんのですが、
中国のメディアが、報道したらぜってー許さんっ!と、中国共産党に言われてる天安門事件のことを書きだした、というのは、なにか、大きなうねりがいよいよ始まったのか?と、ワタスをわくわくさせてくれますた。



では、その 中国メディアの記事です。
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/06/print/prt_d80143.html

で、この「戦車の前の男」とは誰か。
昨年、天安門事件20周年のとき、産経が報じた記事があるので、読んでちょんまげ。


転載。。。。。。。。。。





天安門事件 謎の「戦車に立ち向かう男」


【北京=矢板明夫】

1989年の天安門事件で、長安街を天安門に向かう戦車の列の行く手を1人で遮り、き然と立ち向かう若い男性がいた。

彼の姿を近くのホテルの部屋にいた米国人カメラマンらが撮影した。

後に世界中のメディアに繰り返して使われることになる有名な写真だ。

しかし、写っている男性は一体誰なのか、その後どうなったのか、20年たった今も謎に包まれている。

中国の民主化運動の象徴として、98年に米タイム誌に「20世紀で最も影響力のあった人物100人」に選ばれた
この男性は、天安門事件までに中国の民主化活動にかかわった形跡はなく、当時の大学生リーダーや知識人の中で彼を知る人はいなかった。

その場にたまたま居合わせた普通の中国人若者の1人ではないかと推測されている。


事件の直後、一部の欧米メディアは男性を「19歳の学生で、名前は王維林」と報じたが、
すぐに「王維林は別人」と否定する別の報道もあり、いまだに真偽は不明だ。
これまでに海外の民主化支援団体や外国メディアは男性に関する情報を収集し続けているが、
その家族や知人すら見つかっていない。


男性のその後について「すぐに処刑された」「刑務所の中で精神に異常を来した」「出所して台湾で暮らしている」など諸説が飛び交っているが、いずれも確認されていない。


欧米メディアに「無名の反逆者」と呼ばれたこの男性のすべてを知るには中国で民主化が実現され、
事件に関する資料が公開される日を待つしかないのかもしれない。

6月4日19時32分配信 産経新聞  昨年の記事転載おしまい。。。。。。。。。。




    


中国にも、本気で共産党支配がまちがってると感じ、思い、動き出しておられる方が、たくさんいます。

でも、あの体制が変わるまでには、まだ、まだ、時間がかかります。

そして、変革した新しい体制になって、14億人以上と言われる中国の人々が、
日本人と摩擦を起こさず、ある程度の和合ができうる倫理観、道徳観を身につけるまでには、もっと時間がかかるでしょう。



それまで、日本人も、倫理観、道徳観をこれ以上低下させず、その時を待てたら、初めて、
外国人参政権について話し合うのがええんでないかとワタスは思うのです。


今は早過ぎる。そう思えてならんのです。



現在、中国に進出する日本企業がとにかく増えてます。


企業に利益はあるのでしょう。
人件費が安いから。これまでは、ね。そこんとこだけは、ね。


でもね、ワタスの周囲では、中国に駐在したご主人を中国人の女性にとられて、って、人は取る取らないの物じゃねーだろー、ってご意見もあるでしょーが、ここはひとつ、こらえておくんなさい。



で、ご主人、奥さんお子さん棄てて、中国の女性と一緒になりたくなって、
まるで熱にうかされたように早く籍を抜け、と奥さんに詰め寄ったりすんのです。

奥さん寝耳に水で、途方に暮れて鬱になって自殺まで考えたりすんのです。

周囲が支えて、何とか通院して、薬飲んで、どうにかこうにか、子どもの世話だけはこなしてるのです。

そんな話が、いっぱい。あっちからも、こっちからも。

ワタス、不倫はでーきれーです。理由は、人を不幸にするから。


人の不幸の上に、自らの倖せを築かない。それは、ワタスの最低限の倫理観なのです。
奥さんが嫌なら、きっちり離婚してから、次の恋愛を始めればええ。
ところが、恋愛始めてから、奥さんとの離婚に踏み切る人が、なんと多いことか。


で、彼らは決まって、前から奥さんを嫌いだった、というのです。
だから、中国の女性が悪いんではない、と。
こういうケースが、最近、ものすごく多くて、おちん、本当にびっくらしておるのです。



シドニー在住で、日本人の既婚男性と不倫してる中国人女性と話したところ、彼女に罪の意識は全くなく、
どうしても日本国籍が欲しいのだから、しかたないでしょ、というのです。

だから、その男性に奥さんを棄てさせて、自分と入籍してもらう、と言い張ります。

この場合は、日本から駐在でシドニーに来てる日本人ご家族と、シドニーに留学中の中国人女性の話ですが、
中国に駐在して、そこでこういう日本国籍欲しさで近づいてくる中国人女性と不倫してまう日本人既婚男性が、
今、急激に増えておるのです。


勿論、中国人女性だけが悪いわけではないのです。ばかなおやじらも、順序逆のおろかものです。
だけんど、ワタスは、どーにも中国のひとたちの、倫理のハードルの低さが気になってしかたないのです。

立派な人だってたくさんおられます。それはわかっておるのです。

でも、やはり、中国の人口力。数の力で、そういう人たちが、目立ってまうのです。



どうか、今一度、中国に進出する日本企業は、駐在する社員の家庭が壊れないよう、気を配っておくんなさい。

そんなバカな夫を選んだワイフも悪ぃ、とは言わんよね。
人は弱いものだからね。未熟なやつは海外出ただけで浮かれてまうものだから。


で、現在、外国人参政権に賛成しておられるみなさんも、反対しておられるみなさんも、
もっかい、その賛成が、その反対が、今後の日本をどう変えていくかを考えてちょんまげ。


ってことで、今日は天安門事件の21年目の6月4日。


いろんなことを考えながら、感じながら、すごしてちょんまげ。



 
                                     by おちん。 
   


今は天安門事件の映像は沢山ユーチューブに上がっています。

       
天安門大虐殺でユーチューブ検索。凄まじい残忍な映像もリンクでひっとするのでご注意。>ヤギヌマ



人気ブログランキングへ
   

スポンサーサイト

中国のはなし | trackback(0) | comment(0) |


<<フリーメイソンリーと、イルミナァティと、サンへドリン、そして鳩山家のお話 | TOP | おちんさんの、ちゅーごくのお話、その3>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://0245ky.blog.fc2.com/tb.php/87-40e4d057

| TOP |

プロフィール

やぎぬまサン

Author:やぎぬまサン
あの伝説の怒れる
ヤギヌマさんが
帰って来た!
オマエら首を洗って待っとけ。
ワンワン!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。