anime gotaku//
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


アニメ作画スタイル

コメント欄に返信しててふと思った。
アニメスタイルって、やっぱりアニメ作画スタイルにしたほうが良いんじゃないか?

井上さんと、松本君と、宮崎さん。
何カットか、原画を描いている様を最初から最後までムービーにして撮ってくれないかな?
それをDVDの付録かで。

アニメスタイル読むような人は、上手い人のお話聞いて、「作画が上手くなるヒントが欲しい」から
読むのだと思う。
あの上手い人はどんな思考パターンだから描けるのかいな?とか。

俺、くじらのピークの時、井上さんと背中合わせで仕事してたんだけど、ギョ!っとする描き方してた。
描く前に。まっ白な動画用紙を一時間見ていて。それから描き出す。
それは凄く薄い線で何が描いてあるか解らない。
その何が描いてあるか解らない動画用紙を何度かバラバラして確認してから
ちゃんと描き出す。
なんとなく描いて行くのではなくて、頭の中で絵が見えている訳だよね。
スタイルの読者になるような人は、こういうのを見たいのではないかと思う。

時たまあるんだ。脳裏に浮かぶ絵をスケッチしている感覚。

井上さんと、松本君と、宮崎さんは見えている度合いが高いのと、滅茶手が早いから、どうでもよい所は
気にしていないで描いていると思われ・・・。どうでも良い、気にしなくて良い所も大事で。
どうしてもあれも此れも気にしなさい、注意しなさいになってしまいがちだから。
(近代のカッチリディティール作画は行き過ぎだと思う)


描いている最中、途中のをみたいんだ。完成したのより脳内解ると思う。

作画オタク向け雑誌で良いんじゃないか?元々そうだし。ねんどろいどはズレている気が。
たしかに井上さんに京都の話し聞いても。
井上さんお京都の話し載せりゃ、売れるかもだけど、発展性が無い。

井上さんの作画の描き方が知りたい人が買うもんでは?
井上さんはいきなり蜘蛛とチューリップになってしまうから。

京都の木上さんの作画の仕方の連載でもすれば良いんじゃないか?
京都は良い裏には、先生格の木上さんの教え方が上手いのかもしれない。
若い人に、若い人の企画をするのが成功している秘訣だとも思うけど。

やることはねんどろいどじゃあないだろう。

それと、自主制作アニメの応援的な。
アニメ制作ソフト色々テストした、使い方記事とか。

なんかアニメ雑誌のインタビューって経済雑誌の成功したペンチャー企業の社長に聞く、みたいな
のに成り下がってて。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アニメスタイルの良かった所は。
あれ読んで、アニメ業界に動かしたい盛りの人が入って来た事。
ネットで動き上手い素人さんのエネルギーの補充に役に立ったかも。

雑誌タイトル、作画スタイルにしておけば。
彼奴らのアニメはつまらん、あしを引っ張るとか、そもそも作品創る気があるのか?とか
俺みたいな外野から言われないで住む。

アニメの話しでなくて、「作画」にかぎっておけば、いまのラインナップの人に聞くのは解るかな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

逆に、リアル系一流アニメーターに、正直にあまりよろしくない作品ばかり
延々創り続けていたことは何故でしょうかとズバリ聞くとか?
(もう来てくれなくなるから出来ないけどw)

アニメスタイル、今上手くいっている名前の或る人に聴く、ヨイショするのは売り物だから解るけど、
発展性が。
今造っている人は、今有るような奴しか創れない。また同じのを創る。
スタッフヨイショすると彼らが又創ることになる。また同じのを・・・。

井上さん、京都を語るでなくて。
惜しい作品を語るだ。先にやってもらいたいのは。
または何故俺らのは支持されないなのだろう?と京都の人に聞くとか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実力の有る漫画家に一流リアル劇場アニメを見て貰い。
何故駄目なのか雑談会とか。

この話しと今までの一流アニメーターの話しを両方知れば新しい前向きなことが解るかと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ほんとはこの手の問題は。
ロボットカーニバル、迷宮物語、迷宮物件の時になされるべきで、や、されてたんだけど。

漫画では1980年代、高級病、芸術病は問題になり、オチが付いて、また発展したんだけど。
アニメはここをずう〜〜〜っと逃げていた。今2012年・・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大塚伸治さんが井上さんに作画の教本出してくれないかなぁ、との話し伝え聞いた。
自分が出せ!とそのばで突っ込んだけどw
たしかに出しておかなければいけないんじゃないかと思います。
特にあの画力はなんなんだ?その片鱗が解れば・・・。
そういうアニメ本は出す意義が在るんじゃないですかね、アニメ様。

宮崎さんもそろそろ・・後世の為に技術まとめておいて欲しいんだけど。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

リアル劇場アニメ | trackback(0) | comment(0) |


<<おっさんホイホイ | TOP | 変態という名の英国の紳士>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://0245ky.blog.fc2.com/tb.php/69-358fd3ef

| TOP |

プロフィール

やぎぬまサン

Author:やぎぬまサン
あの伝説の怒れる
ヤギヌマさんが
帰って来た!
オマエら首を洗って待っとけ。
ワンワン!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。