anime gotaku//
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


西尾君の適性について 投稿者:ヤギヌマ 投稿日:2012年 1月 7日(土)15時22分34秒 編集済

彼に会って一つだけとても感心したことがある。
自分がキャラデザをするとアニメ全体が凹むので、もうやらないと言う。
おおっ、なんとでアニメ全体の事を考えるのかと、トップに立つアニメーターはこんな事を
考えるのかと感動した。年下でもトップに立つ奴というのは違う、こういう事を考えるのかと。
ま、誤解して感動してたんだけど。酔っぱらって気持良くなってただけだね。
しかしこれは、半分は本人のせいではなく、見る目の無い回り。

その感動した時。
西尾君に言ったことがある。
君は作家ではなく、職人である。実際、職人に憧れただろう?
一から描くキャラデザでなく、原作漫画の有るキャラデザをしてくれと言った。
ナルト、人空は良い方に展開して行った。
劇場の作画監督としてはケっ、と思って居るけど、ナルトのキャラ、人空自体がアニメに与えた貢献は
偉いと思う。
漫画の魅力は有るけど、どうしたら動かせるか分らないキャラに、動かせるように「理屈」をつけてやることが
彼は出来ると思う。だからアニメ業界助けると思ってやって欲しいと。
999とか。小松原さんが作画監督してあの絵だから大ヒットしたとか。
ヤマト白土武さん芦田豊雄さんが作画監督したお陰の要因も大きいと思うんだよね。
他人の絵をもっと上手く描くというのも上手いアニメーターの芸。

西尾君は自分で、一から絵をデザイン、またはカットの内容を発想する力はまるで無いと思うけど、
人の絵を動かせるようにまとめることは才能有ると思う。
ナルトと人空と言う前例もある訳だからね。
ナルトがミディアムヒットが続くのは西尾君のお陰は確実。
人空はアニメの作画の向上に、上手くなれる人らに上手くなれる状況を与えた。

そういう仕事をしてもらうべき。

つうか、してくれ。

それと彼の絵は目が死んでいることについて、しがらみの無い若いアニメーターと、売れなきゃ困るプロデューサーとの間ではもう会話が普通になされているけど。

目が死んでいるのは人空を頑張ったせいではと思って居る部分が私の中で少しある。
人空のキャラは、目がどこを見ているか分らないのが味というか魅力の一つで。

だから割り引いて見ているけど・・・いい加減気がつけ!
西尾君が作画監督するとキャラが何処を見ているのか分らない修正をするので、作品が散漫になっているんだ。
キャラの気持ちが何処向いているのか考えた事無い気がする。
君の好きではない宮崎駿はそんなことを考えて作画して居るはずだ。
だから分かりやすい。
お客が内容理解するのに疲れない。
また、ハリウッドの娯楽映画もそう。舞台劇もそう。

押井さんのようなオサレ(笑)な作品は向かないし、つうか、君自体が全然理解出来ていないだろう?
君の取り巻きの今さんの原画が、皆嫌いなアニメして居るじゃないの~~~それの何処が悪いのよ!と
君を守っていたが。
彼女は凄いカナビスを叩いていたね。
◯◯さんが怒っていたそうな。。。◯◯さん、思い出せず、でも懐かしい名前。
あ、思い出した。
メインスタッフ全員から社長に監督交代してくれと直談判された方。
彼女は今さんの原画するほど上手くても演出、監督なんか全然解っていないんだね。

仲間内の中でコンセンサスまとめておけ。簡単にバレまくりだから。
押井さんのさんの作品が過去からすると陥没しまくっている出来の悪さは監督がもうろくした
だけのせいではなくて、
お金や生活や自分のブランド上げるためだけのスタッフ集めているからだよ。
君とかね。


「傷だらけの仁清」これだ。今有る君が輝くかもの原作は。
チーフアシスタントは君の絵の元の釋英勝さん。

西尾君だけが悪い訳では無いけど、西尾君的なるアニメの雰囲気が。
これを疑問に思わない雰囲気が。
◯◯◯、大きな映画館に8人だの9人だのをまねいていると思う。
彼は上手いアニメーターちやほやで。アニメがマズい方に動く事についての代表格だとは思って居る。
それを狙った商売していると思う。

だだ、もう、劇場リアル陰気で元気無い物は滅ぶ運命に完全にのっているのだと思う。
だから本当は自分が此処でゴチャゴチャ言わないでも無くなるのだと思うのだけど。
押井さんの好きな老子に習うなら完全に此処は物を言わない事だと思うけど。

しかしだね。
今だに◯◯伝的なるもの、続いてしまうようなまだ、「まぁまぁ」と言う上手いアニメーターの発言も有る。
上手いアニメーターってまだ今の現状のままで良いような考え方ばかり!
◯◯伝が良いように取るにはポジティブでなくて利権だと思う。
それは表層意識ではなく深層意識だと思うけど。

西尾君は表層意識で分ってあの行動しているね。
今さんやナンセンス、クロレラのスタッフなら、たいがい気がついているみたいだね。
皆、解っている中で考え方の違いは色々有るみたいだ。

私はさすがに吐きそうになったよ。
何十年も大嫌いなのに誉めていた訳だからね。アニメ辞めても讃えていた訳だからね。
彼らなりに表現している、また嫌いでも、彼らが頑張ったから彼らのアニメが主流になったと思ってた。

テメエラ本人でも大嫌いなアニメ作るな。雑誌でおべんちゃら世渡りよせ。
そうやって回りの価値観ズレていって、今のさもしい劇場リアルアニメの現状がある。

アニメ様はこの現状しっててあんな特集しとんのか?
俺も最近知ったんだけどね(笑汗)



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

BBSでの過去記事まとめ | trackback(0) | comment(0) |


<<田中防衛大臣 | TOP | アニメと創作と陰謀論と精神世界と>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://0245ky.blog.fc2.com/tb.php/28-2a762098

| TOP |

プロフィール

やぎぬまサン

Author:やぎぬまサン
あの伝説の怒れる
ヤギヌマさんが
帰って来た!
オマエら首を洗って待っとけ。
ワンワン!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。